(このページはスマートフォン対応版です。パソコン用のページは、こちらをご参照ください。
 

●過去の記事の目次
 

●その他の項目


短信 (2017-10-7)

 今日、ひょんなことから、子どもたちとプラネタリウムを見てきました。私自身はもう、何十年ぶり?に見たのですが、今時のプラネタリウムって、アニメを活用しながら星を紹介しているんですね。なるべく関心を持ってもらえるように、ということなのでしょうが、そうでもしないと子どもたちが星に関心を持たないのでしょうね。ゲームやアニメがあふれる現代では仕方がないのかもしれません。

 そういう私自身も、それほど夜空を見上げることは無いのですが・・・。

 


(2017-10-7) 一晩でアッシリアの大軍が撃たれた出来事は、本当にあったのか? part 1

 さて、エルサレム包囲戦について、聖書における話は以上のようになっているが、実はアッシリア側の史料では、話が少々異なる。少し長いが、『世界史史料』(歴史学研究会 編、岩波書店、2012年)p.79から引用しよう。アッシリア王センナケリブの年代記である。

 

============ 引用開始 ============

センナケリブの年代記(前689年)

 (前略)第三の遠征において、私はハッティ (*1) の地に行った。(中略)

 そして私の軛くびきに服さなかったユダのヒゼキヤに対しては、彼の城壁のある要塞の町46とその周辺の数限りない小さな町々を、塁壁を踏み固め、破城槌を近づけ、歩兵隊の攻撃を行い、トンネルを掘り、城壁に破れを作り、攻城機(?)を用いて包囲、征服した。20万150の人々 − 老いも若きも、男も女も −、数限りない馬、ラバ、ロバ、ラクダ、牛、羊をそれら 〔の町々〕 から引き出して戦利品として数えた。彼自身については、籠の鳥のように彼の王都エルサレムに閉じ込めた。私は彼に対して土塁を築き、彼が町の門を出ることができないようにした。私は、私が略奪した彼の町々を彼の領土から切り離し、アシュドドの王ミティンティ、エクロンの王パディ、ガザの王ツィル・ベールに与え、彼の領土を小さくした。彼ら 〔アシュドド、エクロン、ガザの王〕 の従来の年貢にさらに私の主権に対する贈り物を増し加えて 〔支払うように〕 彼 〔ら〕 に課した。私の主権が発する恐ろしい光輝がヒゼキヤを圧倒し、彼は、彼の王都エルサレムを強化するために連れてきて援軍とした特別部隊と彼の優れた軍勢、30ビルトゥ(*2) の金、800ビルトゥの銀、選りすぐりのアンチモニー、立派な紅玉髄の塊、象牙の寝台、象牙の肘掛け椅子、象皮、象牙、黒檀、つげ、ありとあらゆる高価な宝物、彼の娘たち、彼の宮廷の女たち、男女の歌い手を、私の王都であるニネヴェに 〔引き上げた〕 私の後 〔を追って〕 運び込ませ、貢納と服従の 〔意を表する〕 ために使者を送ってよこした。(後略) 

(*1) シリア・パレスティナ。

(*2) ビルトゥは重量単位で約30あるいは60キログラム。

============ 引用終了 ============

(引用に当たっては、漢数字をアラビア数字にするなど、このページに合わせて若干の修正を加えている。また、注釈の一部を省略した。引用文の表題の「前689年」というのは、この年代記が作られたのが紀元前689年という意味で、エルサレム包囲戦そのものは紀元前701年の出来事である)

 

(次回に続く)

 


最近の記事のバックナンバー

(2017- 8-12) エルサレム包囲戦 part 2
 

(2017- 8-26) エルサレム包囲戦 part 3
 

(2017- 9- 9) エルサレム包囲戦 part 4
 

(2017- 9-23) エルサレム包囲戦 part 5
 


土倉英則が開設しているこのページ(画像、文章等のコンテンツ)の著作権は、注意書きがない限りはすべて土倉英則に属します。無断転用を禁じます。

Copyright(C)2007-2017. Hidenori Tsuchikura. All rights reserved (Except some contents I write "this is other person's or organization's product.")


現在、イスラムの歴史の前段階として旧約聖書の歴史を扱っています。
詳細についてはこちらを参照してください。

隔週で、土曜日に更新しています)

訪問者数: