(このページはスマートフォン対応版です。パソコン用のページは、こちらをご参照ください。
 

●過去の記事の目次
 

●その他の項目


短信 (2017-8-26)

  最近、朝晩がめっきり涼しくなりました。寝やすくなって、大変良いことです。

 


(2017-9-9) エルサレム包囲戦 part 4

(前回からの続き)

 窮地の最中、預言者イザヤは人を遣わせて、ヒゼキヤ王に伝えた。

 「イスラエルの神、主はこう言われる。『アッシリアの王センナケリブのことであなたが私にささげた祈りを私は聞いた。』 主がアッシリアの王に向かって告げられた言葉はこうである。

乙女である娘シオンは お前を辱め、お前を嘲る。
娘エルサレムは お前に背を向け、頭を振る。
お前は誰をののしり、侮ったのか。
誰に向かって大声をあげ 高慢な目つきをしたのか。
イスラエルの聖なる方に向かってではなかったか。
お前は使者を送って 主をののしって言った。
『私は多くの戦車を率いて 山々の高みに駆け登り
レバノンの奥深く進み 最も高く伸びたレバノン杉も 最も見事な糸杉も切り倒した。
その果てに達した宿営地は 木の生い茂る森林であった。
私は井戸を掘って異国の水を飲んだが エジプトのナイルの水流はことごとく
足の裏で踏みつけて干上がらせた。』

お前は聞いたことがないのか はるか昔に私が計画を立てていたことを。
いにしえの日に心に描いたことを 私は今実現させた。
お前はこうして砦の町々を 瓦礫の山にすることとなった。
力を失ったその住民は 打ちのめされて恥に覆われ
野の草、青草のように 穂をつける前にしなびる 屋根に生える草のようになった。
お前が座っているのも 出て行くのも、入ってくるのも 私は知っている。
また私に向かって怒りに震えていることも。
お前が私に向かって怒りに震え その驕りが私の耳にまで昇ってきたために
私はお前の鼻に鉤かぎをかけ 口にくつわをはめ お前が来た道を通って帰っていくようにする。」

(次回に続く)

 


最近の記事のバックナンバー

(2017- 7-15) ヒゼキヤ、反旗を翻す/バビロニアの反乱の鎮圧
 

(2017- 7-29) ラキシュの陥落/エルサレム包囲戦 part 1
 

(2017- 8-12) エルサレム包囲戦 part 2
 

(2017- 8-26) エルサレム包囲戦 part 3
 


土倉英則が開設しているこのページ(画像、文章等のコンテンツ)の著作権は、注意書きがない限りはすべて土倉英則に属します。無断転用を禁じます。

Copyright(C)2007-2017. Hidenori Tsuchikura. All rights reserved (Except some contents I write "this is other person's or organization's product.")


現在、イスラムの歴史の前段階として旧約聖書の歴史を扱っています。
詳細についてはこちらを参照してください。

隔週で、土曜日に更新しています)

訪問者数: