(このページはスマートフォン対応版です。パソコン用のページは、こちらをご参照ください。
 

●過去の記事の目次
 

●その他の項目


短信 (2017-7-16)

 連休を利用して、家族で温泉に行ってきました。下の子が生まれてからずっといけていなかったので、数年ぶりの温泉です。久々にゆっくりできましたが、往復の車の運転で、腰が・・・。歳ですね(苦笑)

 


(2017-7-15) サルゴン2世、没す/ヒゼキヤ、反旗を翻す/バビロニアの反乱の鎮圧

 さて、話はアッシリアの国内事情に移る。バビロニアではカルデア人部族の首領メロダク・バルアダン2世が、東方の隣国エラムの支援を得てバビロンの覇権を握り、事実上バビロニアの王となった(紀元前721〜710年)。(2017- 6-17) バビロンからの見舞客の話は、この頃の出来事と思われる。バビロニアは、サルゴン2世の2代前のアッシリア王、ティグラト・ピレセル3世が征服して以来アッシリアの支配下にあったが((2017- 4- 8) 北イスラエル王国の滅亡 part 1参照)、これが独立したことを意味する。アッシリア王サルゴン2世はバビロニアを取り戻すべく制圧に乗り出し、苦戦の末、紀元前709年にこれを取り戻した。しかし、メロダク・バルアダン2世は逃亡し、サルゴン2世の治世中は姿を現すことはなかった。

 アナトリア地方(現在のトルコ)でもサルゴン2世は、フリュギア人の王ミダスとの抗争に手を焼いた。しかし、キンメリア人(ウクライナ地方を本拠地とする遊牧騎馬民族)がアナトリア地方に進入してきたため、ミダスはアッシリアと和睦を結んだ。紀元前709年、サルゴン2世がバビロニアを回復したのと同じ年のことである。

 サルゴン2世は、アッシリア北方の山岳地帯(カフカス山脈の南)に王国を築いていたウラルトゥとの戦いにも苦戦した。ウラルトゥはアナトリア地方の諸都市にも援助して側面からアッシリアに抵抗させ続けたため、サルゴン2世はウラルトゥを完全征服することができないまま、アナトリア地方へ遠征中、紀元前705年に没した。その跡は、皇太子として父を補佐してきたセンナケリブが継いだ(センナケリブは聖書のギリシア語訳の記述で、アッシリア語では「シン・アヘ・エリバ」(月の神シンが兄弟たちの代わりを与えてくれた、の意)という)。

(以上、『人類の起原と古代オリエント』 (大貫 良夫・前川和也・渡辺和子・屋形禎亮著、中央公論新社、1998年)p.338-341より)

 

●参考地図1-8-3:サルゴン2世、没す

 


 『聖書時代史−旧約篇』(山我哲雄、岩波書店、2003年)p.149以降によれば、紀元前705年、アッシリアのサルゴン2世が亡くなると、ヒゼキヤは行動を起こした。アッシリアのサルゴン2世の跡を継いだセンナケリブの碑文によれば、エクロンはアッシリア派の王パディが統治していたが、反アッシリア派の人々がこの王をとらえ、ヒゼキヤに引き渡した。ヒゼキヤがアッシリアに反旗を翻したからこそ、あるいはそうすると見込んだからこそ、エクロンの人々はそうしたのであろう。

 列王記第18章第7節・第8節では「彼(ヒゼキヤ)はアッシリアの王に刃向かい、彼に服従しなかった。彼はペリシテ人を、ガザとその領域まで、見張りの塔から砦の町まで攻撃した。」としている。

 同時期、はるか東方のバビロニアではメロダク・バルアダン2世もまた、アッシリアへの反乱を起こした。先に書いたようにサルゴン2世に敗北してから姿をくらませていたメロダク・バルアダン2世もまた、サルゴン2世の死去を好機ととらえたのだろう。アッシリアにしてみれば、東西それぞれから反乱が生じたことになる。これに対し、アッシリアの王となったセンナケリブは、まず、東のバビロニアの反乱をたたいた。ただし、メロダク・バアルダンを捕らえるまでには至っていない。またしても彼は逃げたようである。『人類の起原と古代オリエント』(前出)p.341以下で引用されている、センナケリブの王碑文ではこう記されている。「私の最初の遠征では、カルドゥンヤシュ(バビロニアを指す)の王メロダク・バルアダン(2世)を、そのエラムの援軍もろとも(バビロニアの)キシュ(*)の平原で打ち破った。彼(メロダク・バルアダン2世)は戦いの激しさが頂点に達したとき、自分の陣営を去り、一人で逃走して身の安全を得た。彼が戦いの喧騒のなかに置き去りにした戦車、馬、荷車とラバは、私の手によって没収した。・・・」 メロダク・バルアダン2世の逃げっぷりが、実際にこのようだったかどうかはわからない。碑文からは、できるだけ彼の逃走を辱めて宣伝しようという雰囲気を感じる。センナケリブにしてみれば、それだけメロダク・バルアダンを取り逃したことが悔しかったのであろう。戦後処理としてセンナケリブはバビロンの財宝庫からの戦利品や奴隷を没収した(同文献p.343)。

(* キシュ・・・バビロンの東約10kmにあった都市)
 

●参考地図1-8-4:ヒゼキヤ、反旗を翻す
 

 


最近の記事のバックナンバー

(2017- 5-20) ユダの王ヒゼキヤ
 

(2017- 6- 3) アシュドドの反乱/イザヤの預言
 

(2017- 6-17) ヒゼキヤの病気/バビロンからの見舞客
 

(2017- 7- 1) ヒゼキヤの地下水道/アッシリアへの備え
 


土倉英則が開設しているこのページ(画像、文章等のコンテンツ)の著作権は、注意書きがない限りはすべて土倉英則に属します。無断転用を禁じます。

Copyright(C)2007-2017. Hidenori Tsuchikura. All rights reserved (Except some contents I write "this is other person's or organization's product.")


現在、イスラムの歴史の前段階として旧約聖書の歴史を扱っています。
詳細についてはこちらを参照してください。

隔週で、土曜日に更新しています)

訪問者数: