トップページに戻る
 

メニューに戻る
 


 

嫉妬・欲望・陰謀と悲劇が織り成す物語

 このホームページを始めて、約7ヶ月が経ちました。これまでご覧になっていただいた皆さんに感謝いたします。

 当初、このホームページではイスラム世界の歴史を扱う予定でしたが、その前段として、今は旧約聖書の世界を扱っております。本文中でも書きましたが、3つの宗教(ユダヤ教、キリスト教、ユダヤ教)は同じものを土台にしているからです。

 この間、いろいろな文献を読みあさりながら旧約聖書に関する知識を深めてきたつもりですが、知れば知るほど、この本が興味深くて仕方がないのです。この表現は誤解を生みやすい(敬虔な人からは非難されるおそれがあります)のですが、これが今の私の率直な感想です。普通の日本人は「聖書」と聞けば、道徳・倫理的なものに満ちあふれた本という先入観を持つことがほとんどだと思いますが、決してそんなことはない。聖人君子どころか、むしろそこで描かれているのは、現代に生きる人間と全く同じ、弱さを抱えた人間ばかりです。

 神の寵愛を得られず嫉妬して弟を殺してしまう兄(カインとアベル参照)、妹を辱められた仕返しにその町の男を皆殺しにする兄たち(シケムでの出来事 part 4参照)、女主人の不倫の誘いを断ったがために逆恨みされて牢獄に入れられる奴隷(ヨセフ(エジプト編) part 1参照)。他にもこれから書く物語の中で、過ちを犯す人間、悩む人間、神をも恐れぬ行為に走る人間、報いを受ける人間、受けない人間・・・あらゆる種類の人間が登場します。それをみてどう思うかは、それぞれの読者が決めることです。

 私のホームページでは、1回の記事の量を適度な量にすることを心がけています。仕事で疲れて帰ってきてから読んでも負担にならないように、専門家でもない普通の人が読んでも抵抗がない文章で。それでいて、数ある記事を読み進めれば、読む人の中に何かが残るホームページを目指します。

 ご声援のほど、よろしくお願いします。