現在、イスラムの歴史の前段階として旧約聖書の歴史を扱っています。
詳細についてはこちらを参照してください。

(原則として土曜日(毎月最後の土曜日を除く)に更新しています)

 スマホ版はこちらです。


短信 (2018-5-19)

 この間、実家に行ったら、カメムシが大量発生していてびっくりしました。南の縁側に、100匹はいただろうか・・・?

 


(2018-5-19) ナホム書 part 1

 前回、引用した『世界の歴史2 古代オリエント』の文章の中に、「イスラエルの預言者らはこれをヤーヴェの賜物にした。」という部分があるが、これに関連して、聖書の中にナホム書という文書が収められている。このナホム書は、アッシリアの滅亡をあざ笑う歌となっていて、当時のユダ国民の気分をある程度反映していると思われるので、いくつか抜粋して紹介しておきたい。

 (ユダに向けて)

主はこう言われる。
「彼らは力に満ち、数が多くても 必ず、切り倒され、消えうせる。
わたしはお前を苦しめたが 二度と苦しめはしない。

今、わたしは彼の軛くびきを砕いてお前から除き
お前をつないでいた鎖を断ち切る。」

 (アッシリアに向けて)

主はお前について定められた。
「お前の名を継ぐ子孫は、もはや与えられない。
わたしは、お前の神の宮から彫像と鋳像を断ち
辱められたお前のために墓を掘る。」

(ナホム書第1章第12節〜第14節)

 

勇士の盾は赤く 戦士は緋色の服をまとう。
いくさの備えをする日に 戦車の鋼鉄は火のように輝き 槍は揺れる。

戦車は通りを狂い走り、広場を突き進む。
その様は松明のように輝き 稲妻のように走る。

将軍たちは召集されるが、途上でつまずく。
人々は城壁へと急ぎ、防御車を据える。

流れに面した門は開かれ、宮殿は揺れ動く。

王妃は引き出され、衣をはがれて連れ去られた。
侍女たちは鳩のような声で嘆き、胸を打つ。

ニネベは、建てられたときから 水を集める池のようであった。
しかし、水は流れ出して 「止まれ、止まれ」と言っても だれも振り返らない。

「銀を奪え、金を奪え。」
その財宝は限りなく あらゆる宝物が溢あふれている。

(次回に続く)

 


最近の記事のバックナンバー

(2018- 4-14) 解説編:ユダの王ヨシヤ part 1

(2018- 4-22) 解説編:ユダの王ヨシヤ part 2

(2018- 5- 5) アッシリアの最期 part 1

(2018- 5-12) アッシリアの最期 part 2


土倉英則が開設しているこのページ(画像、文章等のコンテンツ)の著作権は、注意書きがない限りはすべて土倉英則に属します。無断転用を禁じます。

Copyright(C)2007-2018. Hidenori Tsuchikura. All rights reserved (Except some contents I write "this is other person's or organization's product.")


訪問者数: 

(ページ上部のメニューが表示されていない場合は、下の
画像をクリックして、ページ全体を再表示してください)