現在、イスラムの歴史の前段階として旧約聖書の歴史を扱っています。
詳細についてはこちらを参照してください。

(原則として土曜日(毎月最後の土曜日を除く)に更新しています)

 スマホ版はこちらです。


短信 (2017-12-9)

 息子が突然、ウノ(uno)にはまりました。マクドナルドのハッピーセットのおまけとしてついてきたもので、しばし放置されていたのですが、ふとしたきっかけで遊び始めました。私自身は子ども時代にほとんどやったことはないのですが、説明書を見ながら息子と一緒に遊び始めてみたところ、これがなかなか面白い。シンプルなルールながらそれなりに戦略性もあるし、持ってるカード次第では大逆転できたりして、今さらな感じですがはまりました。参考まで、ウノの公式ホームページはこちらです

 


(2017-12-9) マナセは悪王だったのか? part 1

 ・・・と、聖書の列王記及び歴代誌では、マナセは異教に傾倒した王として、否定的に描かれているが、『聖書時代史−旧約篇』(山我哲雄、岩波書店、2003年)p.153以降では、これはマナセがアッシリアの支配下にあってアッシリアの宗教を導入したためではないか、と見る。先に書いた話で、マナセが「天の万象」の前にひれ伏したことが書かれていること、また、次のヨシヤ王のときに撤去・焼却される「太陽に捧げた馬」「太陽の戦車」(列王記下第23章第11節)について、メソポタミア起源の星辰崇拝を導入したことを示唆しているのではないか、とする。

 また、同文献p.154では以下のようにも述べている。

============================== 引用開始 ==============================

 しかし客観的に見れば、マナセがアッシリアに服従し続けたことは、当時の国際情勢から見て賢明な政策だったと言えるであろう。というのも、この時期のアッシリアはセンナケリブ以降、エサルハドン(在位前681−669年)、アッシュルバニパル(在位前669−627年)といったいわゆる「サルゴン王朝」の有能な王たちの下で強盛の極みに達し、東はイラン高原から西はアナトリアまでを領有し、前671年以降はついにエジプトまでを支配して真の世界帝国の実現を達成していたからである。それは、アッシリアが圧倒的な力をもってオリエント世界全体を支配し、誰もこれに抵抗できないがゆえに、皮肉にも平穏(pax assyriaca)な時代であった。例えば、この時期に反乱を企てたフェニキアのシドンは徹底的に破壊され、その領土はアッシリアの属州に編入されてしまった。

 マナセがアッシリアの忠実な臣下であったことは、アッシリア側の資料からも明らかである。エサルハドンは彼の宮殿建設のために建築資材を供出した西方の22人の王のうちにマナセの名を挙げており、またアッシュルバニパルは前667年のエジプト遠征に際して協力した12人の王のうちにやはりマナセの名を挙げている。マナセはアッシリアの属王として、当然この遠征に兵を派遣したであろう。ことによるとマナセ自身もそれに参加したかもしれない。いずれにせよマナセが50年以上も王としてユダに君臨したことや、その間ユダが少なくとも政治的には「平和」であったことは、このひどく憎まれた王がかなり有能な統治者であったことを示している。

============================== 引用終了 ==============================

(引用に当たっては、漢数字をアラビア数字にするなど、このページに合わせて若干の修正を加えている。)

(次回に続く)

 


最近の記事のバックナンバー

(2017-11- 4) 一晩でアッシリアの大軍が撃たれた出来事は、本当にあったのか? part 2

(2017-11-11) 一晩でアッシリアの大軍が撃たれた出来事は、本当にあったのか? part 4

(2017-11-18) ユダの王マナセ part 1

(2017-12- 2) ユダの王マナセ part 2/ユダの王アモン


土倉英則が開設しているこのページ(画像、文章等のコンテンツ)の著作権は、注意書きがない限りはすべて土倉英則に属します。無断転用を禁じます。

Copyright(C)2007-2017. Hidenori Tsuchikura. All rights reserved (Except some contents I write "this is other person's or organization's product.")


訪問者数: 

(ページ上部のメニューが表示されていない場合は、下の
画像をクリックして、ページ全体を再表示してください)