トップページに戻る

目次に戻る

←前の記事へ   次の記事へ→


(2017-6-17) ヒゼキヤの病気/バビロンからの見舞客

 ある時、ヒゼキヤは死の病にかかった。預言者イザヤがヒゼキヤを訪ねてきて言った。「主はこう言われる。『あなたは死ぬことになっていて、命はないのだから、家族に遺言をしなさい。』」 ヒゼキヤは顔を壁に向けて、神に祈った。「ああ、主よ、私がまことを尽くし、ひたむきな心をもって御前を歩み、御目にかなう善いことを行ってきたことを思い起こしてください。」 こう言って、ヒゼキヤは涙を流して泣いた。

 イザヤが中庭に出ないうちに、神の言葉が彼に臨んだ。「わが民の君主ヒゼキヤのもとに戻って言いなさい。『あなたの父祖ダビデの神、主はこう言われる。私はあなたの祈りを聞き、涙を見た。見よ、私はあなたを癒し、3日目にはあなたは主の神殿に上れるだろう。私はあなたの寿命を15年延ばし、アッシリアの王の手からあなたとこの都を救い出す。私は私自身のために、わがしもべダビデのために、この都を守り抜く。』」

 イザヤがそばにいた人に「いちじくを取ってきてほしい。」と言うので、人々がそれを取ってきてヒゼキヤの患部に当てると、ヒゼキヤは回復した。ヒゼキヤはイザヤに言った。「主が私を癒され、私が3日目に主の神殿に上れることを示すしるしは、何でしょうか。」 イザヤは答えた。「ここに主によって与えられたしるしがあります。それによって主は約束なさったことを実現されることが分かります。それは、影が十度進むか、十度戻るかです。」 ヒゼキヤは答えた。「影が十度伸びるのは容易なことです。むしろ影を十度後戻りさせてください。」 そこで預言者イザヤが神に祈ると、神は日時計の影、アハズの日時計に落ちた影を十度後戻りさせた。

(もっとも、言うまでもないが、太陽が戻ることはあり得ない。この部分は作り話であろう。)

(イザヤ書第38章より)


 ヒゼキヤが病気中のこと。バビロンの王、バルアダンの子メロダク・バルアダンは、ヒゼキヤが病気であることを聞いて、ヒゼキヤに手紙と贈り物を送ってきた(メロダク・バルアダンは、バビロンの伝承ではマルドゥク・アブラ・イッディナ(マルドゥクは息子を与えた、の意)2世として知られる(『よくわかるイスラエル史』(S.ヘルマン/W.クライバー著、樋口 進 訳、教文館、2003年) p.96)。ヒゼキヤは使者たちを歓迎し、銀、金、香料、上等の油など宝物庫のすべて、武器庫、そして倉庫にある一切のものを見せた。ヒゼキヤが彼らに見せなかったものは、宮中はもとより国中に一つもなかった。

 預言者イザヤはヒゼキヤ王のところにきて、「あの人々は何を言ったのですか。どこから訪ねてきたのですが。」と問うた。ヒゼキヤは、「彼らは遠い国、バビロンから来ました。」と答えた。更にイザヤが「彼らは王宮で何を見たのですか。」と問うと、ヒゼキヤは、「王宮にあるものは何もかも見ました。倉庫の中のものも、見せなかったものは何一つありません。」と答えた。そこでイザヤはヒゼキヤに言った。「主の言葉を聞きなさい、『王宮にあるもの、あなたの先祖が今日まで蓄えてきたものが、ことごとくバビロンに運び去られ、何も残らなくなる日が来る、と主は言われる。あなたから生まれた息子の中には、バビロン王の宮殿に連れて行かれ、宦官にされる者もある。』」 

 ヒゼキヤはイザヤに言った。「あなたの告げる主の言葉は、ありがたいものです。」 彼は、自分の在世中は平和と安定が続くのではないかと思ったようである。この話は事後予言であろう。ユダがバビロンに捕囚されるのは100年以上も後、エルサレムが陥落してからの話である。

(イザヤ書第39章より)

 

←前の記事へ   次の記事へ→


Copyright(C)2007-2017. Hidenori Tsuchikura. All rights reserved (Except some contents I write "this is other person's or organization's product.")