トップページに戻る

目次に戻る


(2007-6-8) カインとアベル

 さて、今回以降は引き続き、旧約聖書の創世記の話題を続けたい。くどいかもしれないが、キリスト教を文化基盤とする国の人々と付き合うにあたっての、基礎的な教養を提供するという意味をふまえてのことである。

 

 今日の話は、エデンの園の話の次の話である。日本人の間でそんなに有名な話ではないのではないか、と思っている(聖書に関心のある人は別だが)。でも、「どこかで聞いたことがある」という人もそれなりにいるはずである。

(例によって、話は聖書をもとにしつつも、管理人なりにアレンジした)


 エデンの園を追放されたアダムとエヴァは、やがて二人の子どもに恵まれた。兄がカイン、弟がアベルである。兄のカインは土を耕す者となり、弟のアベルは羊を飼う者となった。

 あるとき、カインとアベルは、神に捧げものをした。カインは農作物を捧げ、アベルは羊の初子を捧げた。神はカインの捧げものには目もくれず、アベルの捧げた羊に目を留めた。カインは怒りに顔を紅潮させて顔を伏せた。

 神はカインに言われた。「なぜ顔を上げないのか。お前が正しいのであれば、顔を上げられるはずではないか。」

 しかし、カインはこの出来事に納得できず、後日、弟のアベルを野原に誘い出して殺してしまった。

 再び、神と話す機会があって、神はカインに問うた。「アベルはどこにいるのか」 カインは答えて言った。「知りません。私は弟の番人ではありませんから。」 だが、カインの行いを見透かして、神は言われた。「何ということをしたのだ。お前は呪われた者となる。お前の弟の血を吸い込んだ地よりも呪われた者となる。お前がどんなに土地を耕しても、もう土は作物を産み出すことはない。お前は地上をさまよう者となる。」

 カインは恐れて言った。「私には、この罪は重すぎて背負い切れません。ここを追放されてさまよえば、私が出会う者は誰であれ、私を殺すでしょう。」

 神は言われた。「いや、それゆえ、カインを殺す者は、だれであれ7倍の復讐を受けるであろう。」

 カインはさまよい、やがて落ち着くべき土地を見つけ、妻を持ち子どもをもうけて没した。

(旧約聖書 創世記 第4章から)

 

←前の記事へ   次の記事へ→


Copyright(C)2007. Hidenori Tsuchikura. All rights reserved (Except some contents I write "this is other person's or organization's product.").