トップページに戻る

目次に戻る

←前の記事へ   次の記事へ→


8.南王国単独時代

(2017-5-20) ユダの王ヒゼキヤ

 話は北イスラエル滅亡の少し前に戻るが、(2017- 3-25) シリア・エフライム戦争 part 4/ユダの王アハズの死で書いたとおり、南のユダ国ではアハズが死んでヒゼキヤが王になっていた(在位紀元前728年〜紀元前697年)。アハズが異教に傾倒していたことは既に触れたとおりであるが、ヒゼキヤはこれを改めた。彼はまず、国内の偶像を破壊することにした。

 彼は聖なる高台を取り除き、石柱を打ち壊し、アシェラ像を切り倒し、「モーセの造った青銅の蛇」を打ち砕いた。民はこの青銅の蛇を「ネフシュタン」と呼んで、香を焚いていた。「ネフシュタン」とは、『新共同訳 旧約聖書略解』(木田献一監修、日本キリスト教団出版局、2001年)p.420によれば「蛇」と「青銅」を表すヘブライ語の合成語だという。モーセの青銅の蛇については(2008- 6- 6) 青銅の蛇で書いたとおりで、もともとは土俗の信仰が背景としてはあったのだろうが、偶像崇拝として破壊された。

 これを、列王記の著者は最大級に賞賛して「その後ユダのすべての王の中で彼のような王はなく、また彼の前にもなかった。」としている(列王記下第18章第5節)。

 

 歴代誌によれば、ヒゼキヤは王になると、最初にまず神殿の扉を開いて修理し、祭司とレビ人を東の広場に集めた。そして今一度、自分を聖別し、神殿を聖別し、神に香を焚くことを呼びかけた。祭司たちは王の命令に応じ、16日かけて自分たちを聖別するとともに神殿をくまなく清めた。

 聖別の作業が完了すると、王は町の責任者を集めて神殿に上った。彼らは雄牛7頭、雄羊7頭、小羊7頭、雄山羊7頭を引いてきて、王の命令のもと、それらの動物を屠り、神に捧げた。犠牲を捧げる間、楽器が奏でられ、賛歌が歌われた。献げ物が終わると、王や人々はひざまずいて礼拝した。その後も会衆が焼き尽くす献げ物を携えてきたが、あまりにも数が多く、そして司祭の数は限られていたので、レビ人が司祭たちを手伝った。

 続いて、ヒゼキヤは過越祭を行うことにした。どうもその頃になると、規定どおりに過越祭を行う者はそれほど多くはなかったようである(歴代誌下第30章第5節)。ヒゼキヤの使者はエフライムとマナセにも行ったが、人々は彼らを冷笑し、嘲った。ただ、アシェル、マナセ、ゼブルンからは、一部の謙虚な人々がエルサレムにやってきた。ヒゼキヤが就任した翌月、祭りが行われた。第二の月の14日に、彼らは過越のいけにえを屠った。会衆の中には聖別していない人も多かったので、清くない全ての人に代わって、レビ人が過越のいけにえを屠るつとめを果たした。エルサレムにいた人々は身を清め、7日間の除酵祭を行い、毎日楽器をならして神を賛美し、祭りの食事にあずかった。

 なお、『聖書時代史−旧約篇』(山我哲雄、岩波書店、2003年)p.149によれば、この過越の祭についての記述が実際の出来事をベースにしているかどうか(本当に行われたか否か)については、学者の間でも議論が分かれているという。

 

●参考地図1-8-1:ユダの王ヒゼキヤ
 

 

←前の記事へ   次の記事へ→


Copyright(C)2007-2017. Hidenori Tsuchikura. All rights reserved (Except some contents I write "this is other person's or organization's product.")